軽自動車税

納税義務者

その年の4月1日現在で、村内を主たる定置場として、原動機付自転車、軽自動車、二輪の小型自動車、 小型特殊自動車(農耕作業用を含む。)等を所有する方が納税義務者となります。
年の途中で廃車されても、その年度分の軽自動車税は納税義務があります。逆に、年の途中で新規取得された場合は、次の年度からの納税となります。

納期限

軽自動車税の納期限は、5月25日(金融機関の休業日(土・日)の場合は翌営業日)です。
軽自動車税は、毎年5月10日(土・日の場合はその前の平日)に前記の納税義務者に対し、納税通知書等を送付しますので 納期限までに納入していただくようお願いします。

税率

平成26年度税制改正において、軽自動車と小型の普通自動車との間の税負担水準格差の見直し、グリーン化を進める観点などから、軽自動車税の標準税率の引上げが行われました。

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等

購入や登録の時期にかかわらず、すべての車両について平成28年度分の軽自動車税から新税率が適用されます。

車種税率(年税額)
~H27年度H28年度~
原動機付自転車 50cc以下(白ナンバー) 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下(黄ナンバー) 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下(桃ナンバー) 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
軽自動車 軽二輪 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
専ら雪上を走行するもの 2,400円 3,600円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,000円
その他 4,000円 5,900円
二輪の小型自動車 250cc超 4,000円 6,000円

三輪、四輪の軽自動車

平成27年4月以降に購入した軽自動車(新車のみ)から新税率が適用となります。また、最初の新規検査から13年経過した三輪、四輪の軽自動車について重課が導入されます。

車種区分税率(年税額)
(1)平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両(2)平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両(3)最初の新規検査から13年を経過した車両
軽自動車 三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

(1)平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした軽自動車については、現在の税率から変更はありません。ただし、平成28年度課税から(3)に該当する場合があります。
(2)平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けるものから新税率が適用されます。
(3)28年度課税から最初の新規検査から13年が経過した三輪、四輪の軽自動車について、重課が導入されます。ただし、電気軽自動車、天然ガス軽自動車等は対象から除きます。
※対象外となるものについては総務課税務係までお問い合わせください。
※平成28年度課税以後の判定の仕方は以下のとおりです。

  • 平成28年度課税の重課対象:平成14年12月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初年度検査年月が「平成14年」以前)
  • 平成29年度課税の重課対象:平成16年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初年度検査年月が「平成16年3月」以前)
  • 平成30年度課税の重課対象:平成17年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初年度検査年月が「平成17年3月」以前)

軽課税率(グリーン化特例 ※平成28年度のみ)

平成27年度中に最初の新規検査を受けた車両で、排出ガス性能及び燃費機能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成28年度分の軽自動車税を軽減する特例措置が適用されます。

車種区分税率(年税率)
(ア)(イ)(ウ)
軽自動車 三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

(ア)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年度排出ガス10%低減)
(イ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+35%達成車
(ウ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準成車
貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+15%達成車
※(イ)、(ウ)については、ガソリンを内燃機関の燃料とする軽自動車に 限ります。
※各種燃料基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。
※税率(年税額)の例(軽四輪乗用・自家用の場合)は下記「税率(年税額)の例(軽四輪乗用・自家用の場合)」をご覧ください

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免制度

身体障がい者や精神障がい者の方で歩行が困難な方(以下、「身体障がい者等」といいます。) が所有する軽自動車、身体障がい者等が18歳未満の場合はその方と生計を一にする方が所有する軽自動車については、 一定の要件(障害の程度、使用目的等)を満たす場合に軽自動車税の減免を受けることができます。

障害等級の範囲 住民課にお尋ねください。
使用目的等
本人運転の場合
親族運転の場合
特に制限はありません。
通院や通学等、目的や回数、期間に制限があります。
対象となる自動車 身体障がい者等1人に対して、1台限りです。普通車の減免を受けてある方は対象外です。
申請期間 毎年、納税通知書を受け取ってから、納期限の7日前までに申請してください。
申請時に必要なもの
(親族運転の場合)
納税通知書、身体障がい者手帳等、車検証、運転免許証、印鑑
(上記に加え、通院や通学等を証する書面等を必要とします)

軽自動車税納税証明書(車検用)の交付について

軽自動車税の納税証明書(車検用)は、総務課でお取りいただけます。
※代理人が請求される場合は印鑑をご持参ください。

税率(年税額)の例(軽四輪乗用・自家用の場合)

平成14年5月に新車で取得した車両の場合

平成27年度までは現行税率で平成28年度から重課税率

税率
(年税額)
0円 7,200円(現行税率) 12,900円(重課税率)
年度 H14 H15 ・・・・・ H27 H28 H29 H30 ・・・・・
経過年 0 1 ・・・・・ 13 14 15 16 ・・・・・

平成26年5月に新車で取得した車両の場合

平成27年度から課税で現行税率。平成40年度から重課税率

税率
(年税額)
0円 7,200円(現行税率) 12,900円(重課税率)
年度 H26 H27 ・・・・・ H39 H40 H41 H42 ・・・・・
経過年 0 1 ・・・・・ 13 14 15 16 ・・・・・

平成27年5月に新車で取得した車両の場合

平成28年度から課税で新税率。平成41年度から重課税率

税率
(年税額)
0円 10,800円(新税率) 12,900円(重課税率)
年度 H27 H28 ・・・・・ H40 H41 H42 H43 ・・・・・
経過年 0 1 ・・・・・ 13 14 15 16 ・・・・・

平成27年5月に平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準成車を新車で取得した場合

平成28年度から課税で新税率。平成41年度から重課税率

税率
(年税額)
8,100円(軽課税率) 12,900円(重課税率)
0円 10,800円(新税率)
年度 H27 H28 H29 ・・・・・ H40 H41 H42 H43 ・・・・・
経過年 0 1 2 ・・・・・ 13 14 15 16 ・・・・・

平成27年5月に中古車で取得した場合(初年度検査年月が平成18年7月の場合)

平成28年度から課税で現行税率。13年を経過した平成32年度から重課税率

税率
(年税額)
0円 7,200円(現行税率) 12,900円(重課税率)
年度 H27 H28 ・・・・・ H31 H32 H33 H34 ・・・・・
経過年 9 10 ・・・・・ 13 14 15 16 ・・・・・

お問い合わせ先

  • 総務課TEL:0241-75-2500

ページトップ